教習に対する自由度

スケジュール帳先にも述べたように、通学免許の場合、教習の時期などによってはキャンセル待ちが必要になったり、思うように教習が受けられなかったりする場合があります
教習を受ける確実性は合宿免許の方が高いですが、定められた2週間前後で教習を修了するには、決められた教習スケジュールを全てこなす必要があります。
体調不良などで中断した場合、体調が戻っても元々のスケジュールに戻ることができないため、費用や時間が余計にかかってしまいます。
時期などにもよるでしょうが、体調不良や急なスケジュールの変更などが見込まれる場合は、通学免許を選ぶ方がよいといえるでしょう。

多くの人にとって、免許の取得のために教習所に通うことは新しい体験です。そこで同じ目的を持つ人と出会い、触れ合いたいと考えるのであれば、合宿免許はお勧めです。学生同士なら気軽に話もできるでしょうし、合わなくても2週間だけのこと、と割り切ればよいのです。また、親しい友人などと一緒に通うことを考える場合も、合宿免許がお勧めです。2人以上で申し込むとグループ割引が受けられる教習所も多くなっています

いずれを選ぶにしても、公道で自動車を運転するというのは重大な責任を伴うことです。単純に費用だけで決めるのではなく、まとまった時間が取れるのか、自分でスケジュールを管理できるのかなどを考えて、自分に合った教習の形式を選ぶようにしましょう。また、合宿免許施設の中には観光を楽しみながら教習生活が送れるプランや、スキーやスノボを楽しみながら通えるプランなどもあります。せっかくですから楽しく免許を取得できるようにじっくり選ぶと良いでしょう。

関連サイト…合宿免許の激安・格安プランをご紹介|合宿免許の免許の匠

 

合宿免許が割安な理由

通学免許の場合、教習のスケジュールを決めるのは教習生です。仕事や生活の都合に合わせて、空いているときに通うことになります。教習所の側からすると、需要の大きさに関わらず、常に受け入れ態勢を整えている必要があります。一方合宿免許では、教習のスケジュールはあらかじめ決められています。短期間に効率的に教習を行うことができるため、必要以上の教官を配置する必要がなく、費用を抑えることができるのです。宿泊や食事に関しても、合宿免許ではある程度の利用が前もって分かるために無駄が少なく、料金は大きな額にはなりません。

車の運転合宿免許の場合、免許取得までの日数は短いですが、2週間前後は自宅から離れたところで過ごすため、まとまった時間が必要になります。
そのため、合宿免許の教習生の多くは、自由な時間が取りやすい学生となっています。
そういった時間が取れない場合は通学免許を選ぶことになります。
早朝や少し遅い時間、週末など、自分の都合に合わせて時間や日を選んで教習を受けることになりますが、時期によっては教習の希望が多く、技能教習のキャンセル待ちなどの手間が発生することもあります。
教習の予約が順調に取れたとしても、通学免許の場合は1~2か月はかかるのが普通です。

合宿免許に特有の問題としては、路上教習で道をよく知らない街で運転するということが挙げられます。通学免許の場合は普段の生活で使っている道を走ることができます。ただ、都市部と山間部などでは道路事情が違うこともあり、一元的に合宿で免許を取った場合は自宅周辺では運転しにくい、とは言えません。

合宿免許と通学免許

学生学生さんは夏休みもあり、普段より多少時間の自由が利くという人も多いのではないでしょうか。
そんな貴重な時間、旅行や趣味に費やすのもよいのですが、もしも運転免許を取ろうと考えるなら、思い切って始めてみるにもいい機会です。
運転免許を取るには、自動車教習所で必要な技能と学科の教習を受けるのが一般的です。
自宅の近くの教習所に、自転車やバスなどで通うイメージを持つ人が多いと思われますが、こういった通い方を「通学免許」と呼ぶことにします。

もう1つ、教習を受ける手段として活用されているのが「合宿免許」です。技能と学科の教習のスケジュールがあらかじめ組まれており、普通車AT免許の場合は2週間前後で修了することが可能です。合宿という性質上、教習所からごく近いところに住んでいる場合は入校できないという制限はありますが、逆に自宅から多少離れたところで教習を受けるという意味では新鮮さがあるともいえます。

ここでは、そんな合宿免許と通学免許について、さまざまな側面から比較していきますが、まず気になるのは費用でしょう。通学免許の場合、免許取得までにかかる費用は一般的には30万円前後といわれますが、合宿免許では、教習の他に宿泊や食事などの費用が含まれた上で、通学免許よりも安い場合が多くなっています。時期やプランによりますが、その差は大きい時では10万円近くになります。また、補習を受けるなどして教習期間が延びた場合、通学免許ではその都度追加料金が発生しますが、合宿免許の場合はプランによってはある程度の延長に対して保証がつくこともあります。